機動戦士ガンダム00 第20話感想

【変革の刃】
GN粒子ビームを浴びた影響でルイスの左手首の再生治療は不可能。突き放しっぷりが徹底しているなぁ・・・。トリニティが暴れた影響でユニオン、人革連、AUEの同盟を締結。ソレスタルビーイングの目的とは合意しているが、キナ臭さを感じたスメラギさんはGNアームズの投入を指示。登場は21、22話くらい? ソレスタルビーイングを名乗る組織がGNドライヴ搭載MS・GN-X(ジンクス)を3大勢力に10機づつ提供。人革ではセイルゲイ中佐、ソーマがパイロットに選ばれるが、ユニオンではフラッグ大好きのグラハムは固辞。一方その頃、タクラマカン砂漠から生還していたコーラサワーはそんな国際情勢の事なんざどーでもよく、マネキン大佐を夕食に誘っていたのだった。ていうかマネキン大佐デレるの早過ぎるぞ。こういう時はぶん殴らないと! 
死亡フラグ立ちっぱなしで調査していた絹江は戦争狂サーシェスと接触、哀れ消される。さすがにこれで死亡はないと思うけど・・・・うーん。
トリニティ3兄妹には王留美が接触、協力を申し出る。これでチャイナが敵に回るのかどうなんだか。人間関係も複雑になってきたなぁ。人革連の基地を攻撃しに来たトリニティの前にジンクス10機が出現。セルゲイ中佐の経験と超兵ソーマの能力でスローネを圧倒、撃退する。トリニティは早くも負け癖が付いてきたような・・・・。ジンクスのデザインは海老川兼武氏。ガンダムには似てないしGNドライヴはτ(タウ)みたいだし、やっぱ量産型スローネみたいなもんかね。ショタ系趣味なセリフを炸裂させた変態アレハンドロとリボンズソレスタルビーイングの中核コンピュータであるヴェーダの下へ。リボンズとティエリアは同じ存在らしい。今までヴェーダをいじっていたのはリボンズみたいなのでラスボス候補かねえ。あの人がOガンダムに乗ってラスボスとして君臨すると誰も歯が立たなくなるぞ!





次回、こんどはプトレマイオスに対し、ジンクスに乗るコ−ラサワーが襲いかかる!