コードギアス 反逆のルルーシュR2 第5話感想

【ナイト オブ ラウンズ】
捕虜救出で黒の騎士団は主力再結集。前作でブッチした件に関しては藤堂と扇がすんなり納得したのでお咎めなし。玉城の態度の変わりっぷりよりも、千葉の「告白しちゃいなよ」な相手って藤堂だよね? カレンてオチじゃないよね。Aパート開始早々、アッシュフォード学院に復学したズザクにルルーシュ、ポカーン。記憶改竄されているフリをしているため、表向きはさわやか挨拶だが、裏では凄まじい腹の探り合い。学院は生徒と教師が全員本土を戻されていたらしく1年前から居るのは生徒会メンバーだけらしい。エリア11本部にジノとアーニャが到着し、ナイトオブラウンズからスリー、シックス、セブンが集結。トリスタンが変形カッチョいいので早めのキット化希望。
スザク歓迎会も含めたアッシュフォード学院コスプレ祭。シャーリーのスク水メイド姿はなんという先進的な・・・キムタカ氏のアイディアらしいけど。「100回殺す」のヴィレッタ先生も時間帯的に心配な素晴らしい水着姿を披露。ダンボールの物騒な文字とか、壁の傷とか、ユーフェミアの羽ペンとか、カレンの着ぐるみとか、前作のネタがちらほら。前作で巨大ピザ喰えなかったので今回も進入してきたC.C.のイヤーヘッドギア姿はハマりすぎ。そして今回も前作のトレースでコメディ編、スザクはともかく着ぐるみカレン、シャーリー、ミレイにすら追い抜かれるルルーシュ。運動神経はむしろ後退してるんじゃなかろうか。そしてカレンの証言からヴィレッタ先生もあっけなく陥落。今後は黒の騎士団に入隊か?
最後にエリア11新総督がナナリーだと判明。その声を聴いた時のルルーシュの「ンォアッ!?」って反応に笑った。前回のボロ雑巾発言といい、次回予告の「お前は俺を皇帝に売り払った人非人(にんぴにん)だ!」とか、最近ルルーシュの言動が面白過ぎる。シリアスを超えて笑えるというか、脚本と福山潤が確信犯でやってるんだろうなぁ。