スパロボZクリアレビュー

昨日は更新サボって1周目クリア。3週間くらいと踏んでたのにけっきょく丸1ヶ月かかってしまったなぁ〜。
ネタバレなしで感想いいますとね。星5つ。100点満点でいうと100点。プレイしてる最中は楽しすぎた。2008年度ゲーム大賞決定
自分が痛いファンであるこを事を差し引いて、ゲーマーの端くれとして見ても、目立った欠点は見当たらない。インターフェースの充実ぶりは徹底してます。ステータス画面表示が出しにくいのは慣れたら気にならなかったし、ゲームバランスが大雑把なのは歯ごたえが欲しいのならハードでプレイすればいいし、小隊編成が面倒ならベーシックオーダーにすればいい。こだわりまくって延々と時間かかるのも醍醐味なので。後半のストーリー展開が強引なのはスパロボではいつもの事なので、味のようなもの。細かい部分で問題はなくはないけど全体的に見たら瑣末なもんです。
シナリオは空気を読みすぎている原作再現とクロスオーバー。しょうじき微妙な出来だった原作すら名作だと思わせる見事なアレンジ。ここぞという時に絶妙のタイミングでBGMが切り替わる燃える演出。この感覚はスパロボでしか味わえない。
戦闘シーンは『OGs』で極まった感があったので、これ以上はもう無理じゃないかと思ってたけど完全に超えていた。解像度が格段に上がって、空対地、地対空、地と宙とでモーションが変化するアニメーションは気合の入り方がハンパではない。ていうかやり過ぎ。この作業量がどれくらいかかるの考えるとスタッフの健康状態と「ハードル上げすぎなんじゃね?」と今後が心配になってくる。今後戦闘シーン丸々流用でもう1本新作出したとしても文句言いませんよ僕ァ。
個人的な事では、雑記の方でもたびたび書いてたけど、ガンダムSEED DESTINYの扱いが見事すぎた。このブログ読んでる皆さんには、あの作品の世間的評価は周知の通りですが、放送当時に「なんでこああいう風になるかなぁ」とか「こうすれば面白くなるのに」とか、イラつきながら観ていた(笑)部分に対して、原作で不遇な扱いのキャラには見せ場をちゃんと作り、嫌われていたキャラにはフォローを入れたりと、まったく違和感なく実に的確なアレンジは鮮やかとしか言いようがない。これはバンダイ系だからガンダムをヨイショしているワケではなく、原作を熟知して、文句言いつつもガンダム好きな人達の心象をしっかり把握してないとこのシナリオは書けないです。とにかく一見の価値あり。ロボットアニメオタ間においては種死ってスパロボZでは良かったよな」くらいなイメージ引き上げにすらなるのではと思えます。
総じて見ても個人的なこだわりを除けば歴代スパロボ最高傑作と断言してもいいでしょ。しっかりと正統な評価をされてしかるべき作品であります。


次のスパロボは来年でDSあたりかな〜、あとはRポータブルとか・・・・・OG3とか・・・などと考えつつ、2周目に突入します。いやでもこの1ヶ月スパロボ強化月間だったのでいろいろ積みまくってるから、まずはそれを消化しないと・・・・。