機動戦士ガンダム00 2ndシーズン第4話感想

【戦う理由】
アバンでアレルヤの回想シーン。脳量子波ってのは00世界におけるサイコミュ的なものですか。前回で物議を読んだフェルトのキスシーンは、ライルが兄と比較されるのを嫌って突き放すためにやったもの。籠絡して利用とか、めんどくさい展開にならなくてよかったわ。沙慈は個室から出されてイアンの整備手伝い。このままトレミーのメンバーとして馴染んでいくのかね。
マリナ姫をアザディスタンに送る最中にアロウズのいかにも三下キャラっぽいアーバ・リントの作戦で待ち伏せされ、水中用MAトリロバイト投入。デザインは福地仁氏っぽい。ガンダムが出撃できない深度で敵艦から特殊樹脂ミサイルでハッチが封印されトリロバイトの攻撃で船体に穴を空けられピンチ・・・でもなく穴空けてくれたお陰で注水が早めにできてガンダム出撃、トリロバイトあっさり撃破。セラヴィーとアリオスがトランザム惜しみなく使用してたけど、これでGNドライヴが搭載されてるのは確定。敵艦に攻撃を仕掛けようとしたダブルオーの前にミスター・ブシドーの武者アヘッドが立ちはだかる。・・・・・ミスター・ブシドー・・・クレジットもこれでいくみたい。ミスターが名前でブシドーが苗字なんですね。正体が誰なのかサッパリ分からなさ過ぎるぜ! なんでかよく分からないんですが、シールド右腕、サーベル左腕に持ってるですけど、プラキットの名称も【ミスター・ブシドー専用アヘッド】ですか。なんかアロウズの指揮官の人も「ミスター・ブシドー・・・」と一目置いているみたい。でなきゃあんな格好で基地の中をねり歩けないだろうミスター・ブシドー
刹那とミスターブシドー、ソーマの高機動型アヘッドとアレルヤが戦闘になるが、カタロンが割り込んできて水入り。シーリンがカタロンメンバーでマリナ姫驚愕。そういや今月の00Fでフォンがゲリラ組織を結成してたけど、これがカタロンの前進だったりして。ソレスタルビーイングの復帰を渋っていたスメラギさんはようやく腹を決めて制服に袖を通すが、丈が足りておらずパッツンパッツンだった。三十路過ぎてヘソ出しとは・・・逆に良し! 袖を通す事に意味があったとはいえ、よく着る気になったもんだ・・・一方、酒呑み女に居座れ、部屋を散らかされまくった挙句、若い男に連れていかれその場でガン無視されたビリーはアロウズに入り復讐に燃えていたのであった。ものすごく趣味の悪いMSを開発してくる事を期待。
次回、刹那とヒゲの人が劇的に再開しそう。
あと関係ないけど、今週のこち亀ガノタなら読んでおくといいです。