428 クリアレビュー

428 ~封鎖された渋谷で~ 特典 スペシャルDVD「SHIBUYA 60DAYS ~Making 428~」付き

428 ~封鎖された渋谷で~ 特典 スペシャルDVD「SHIBUYA 60DAYS ~Making 428~」付き

フルコンプしました。レビューといっても、ストーリーの感想書いても、ただのネタバレになるんであんまり意味ないんだよなぁ。プレイ中の人は注意して下さい。
本編クリア後に条件を満たすと、ふたつのボーナスシナリオと追加。
ある意味、本編より注目されているTYPE-MOONシナリオは、これだけアニメ絵で声が付いてます。ストーリーは中東地域を舞台にしたガンアクションといったところ。「鉄」と書いて「銃」と読む当て字の入れ方や、叙述トリック、五感を共有する「共感覚」を持つ異能者が登場したり、一枚絵をパンとズームとスクロールを駆使して動いているように見せたりと、いかにもって感じ。本編と絡む内容だけど、独立した話にもなっているので、これがピーエーワークスにより来年アニメ化。
もうひとつの我孫子武丸シナリオは、ミステリー物かと思いきや感動物だった。内容はどう書いてもネタバレなので省くけど、泣けるかどうか人によります。自分は泣く要素のお膳立てが整い過ぎているなぁと感じたけど。
ボーナスシナリオを終えて、BADENDを全部埋めて、カルトクイズを全問正解してもまだ終わらない。ここからが本当の隠し要素で普通にプレイしててもまず気付かないような隠しシナリオがあり。さらに中村光一氏のデビュー作である『ドアドア』のアレンジ版が収録されていてプレー可能。自分はカルトクイズの内容が難解過ぎて攻略サイト見たけど、ぜったい普通にプレイしてたらフルコンプなんでできないっす。
巷の評価はどこも絶賛で、これは発売日に買って良かったなと。やはり読ませるテキスト、演出、BGMなど、チュンソフトサウンドノベルは他の追随を許さない部分があります。TYPE-MOONの参加だって、サウンドノベルの草分け的なチュンソフトのリスペクトから来ているそうだし。個人的に惜しむらくは本編の後日談エピローグが欲しかった。

フルコンプしてようやく本編メイキング映像集である予約特典を見たけど、 ひとみ/マリア役の人は髪型ウェーブかけてギャルっぽいし、加納役の橘さん髪型がぜんぜん違って髭面だし、大沢賢治役の人は本職ミュージシャンで役者経験ゼロだったり、本編では静止画だった役者さんが動いて喋ってる姿が本編のイメージとぜんぜん違っててものすごい新鮮。「街」の時もトゥルーエンドで流れるメイキング集が良かったし、これが実写作品でしかできない表現なんだろうなぁと。