機動戦士ガンダム00セカンドシーズン25話感想と総括

【再生】
ボンズの乗るラスボス機体、リボンズキャノンは機体が裏返ってツインドライヴ搭載のリボーンズガンダムに変形! つか乗ってる機体に自分の名前つけるってどんだけ自分大好きなんだ。さらにリヴァイブ、リヒング、ロックオン、アレルヤが加勢し乱戦。アリオスvsガラッゾはハレルヤ登場「ヴェーダに依存しっぱなしで・・・俺たちに勝てるわきゃねーだろォ!」とボコボコにした後に脱出ボッドを引き千切って逃げ道を封いでからハサミで圧壊、ヒリング悲鳴を上げながら焼かれるという、最後でハレルヤの鬼畜プレイが見れました。ケルディムvsガデッサは、中破した状態ながらも巧みな動きでガデッサ撃破リヴァイヴ死亡・・・もうね、あの自称イノベイターの人達の実力はけっきょくあんなもんだったという事で・・・。
ダブルオーとリボーンズはお互いトランザムを使って中破。オリジナル太陽炉の片方を奪ったリボンズは放置してあったOガンダムに取り付けて乗り換え。刹那は修復してあったエクシアR2に乗り換えて再び対決。前作とは逆にマリナ姫が刹那に当てた手紙のモノローグをバックに、新しいガンダムと昔のガンダムが殴り合って背負い投げして、破壊したコクピットハッチからお互いの姿が見えるという定番ながらも燃える演出で最後はエクシアの勝利。
戦いが終わりアロウズと自称イノベイターは消滅。マリナ姫は復興したアザディスタン代表に返り咲き。沙慈は快復したルイスと元の生活に戻る。シーリンとクラウスは地球連邦に。ホーマー指令はハラキリ。アンドレイは父親と同じ制服を着る。やっぱり生きていたコーラサワーはマネキン准将と結婚して最後に勝ち組。けっきょく出番がなかったグラハムさんはラブラブな感じのカタギリと一緒。ライルはソレスタルビーイングに残留。アレルヤとマリーはどうやら抜けた? ティエリアはヴェーダと融合したまま。刹那は他のメンバーと共に世界の抑止力になるため武力根絶の戦いを続ける。そして最後に、けっきょく語られなかったイオリア計画全貌の鍵となるであろう木星のカット、劇場版の告知で(了)






刹那を再びエクシアに乗せて、リボンズを1stガンダム(あえてこう書く)に乗せて戦わせるという、そのためだけに総てのお膳立てを整えた最終回。なんかまぁ凄い盛り上がったから良し。





そのせいで完全に忘れ去られたグラハムさん。






エピローグでなぜか置鮎さんとアニュー似の人が居たのは、ガンダムエース今月号の00Fによると、ヴェーダが人間を理解するために送り込んだ人造人間は数万人いるらしいので、おそらくソレ。





ガンキャノンがガンダムに変形するという面白ギミック搭載のリバーシブル機体。リボーンズガンダム





GNソードを3仕様に。露出していたリボンケーブルが内装式になったエクシアR2。フトモモのパーツを新規にすればいいかな・・・フトモモはパーツ構成を変更してロール機構を希望。





【総括】
イオリア計画とは、人間をGN粒子でイノベイターに進化させ“来たるべき対話”に備えるというもの。その計画の中で模倣品として作ったイノベイドであるリボンズが本人曰く“進化”して独自に計画を進行。アレハンドロを唆して擬似太陽炉、トリニティを使い本家ソレルタルビーイングを壊滅し、アロウズとイノベイターを作って自分の手で人間を管理しようと考えた。本人たちがイノベイターと自称しているが、リボンズが作ったもなのでおそらく全員イノベイド。本当にイノベイターを呼べるのは天然覚醒した刹那のみ。けっきょくリボンズの行動も、復活したソレスタルビーイングに打倒されるのもイオリア計画の範疇っぽい。
といった所が00のストーリー。そもそもオーパーツである太陽炉をどうやって作ったのか、来たるべき対話とは何なのか、という部分はまったく明かされなかったので、そこは劇場版に回すと。


ストーリー全体の評価は保留せざるを得ない結末。どうも劇場版製作決定の影響か、終盤の展開あたりから綺麗にまとめ切れなかった感があり、どうせまた「逃げた」とか「商業的展開」とか言われるんだろうけど、個人的にそんな事はどーでもいい。ガンダムの商品展開が勢いを失わず途切れないのであればそれでいいのです。一番大事なのは話のネタが尽きない事なので。劇場版までガンプラとかロボ魂が発売されまくるだろうけど・・・買うよ、買いまくるよ!