11月28日

STAR DRIVER 輝きのタクト 第9話
夕日をバックに殴り合いして和解した後は、一晩泊まって朝は一緒に風呂に入る・・・・・どう見てもデキて(ry
新キャラのきしめんヘアー双子娘の妹ミズノはボクっ娘の不思議ちゃんで出合うなりタクトに惚れてしまい、実は日死の巫女という。そしてユルーい雰囲気の綺羅星総会では、サカナちゃんとの失恋が原因かどうかは知らないが休養宣言したヘッドに変わり第2隊バニシングエイジ代表は双子の姉マリノが仕切る事に。いかにも新参者なテンションの高さでウザがられていたが、どうやら巫女である妹の存在を明かしてないようなので、妹を守るために綺羅星に入ったって所かね。そして破壊されたサイバディの復元が可能となったらしいので、今後は再登場や集団戦も有り得るのかどうなんだろう。
議長が「真の綺羅星」とか言ってた3人組は、裏の部隊みたいなもんなのか、とりあえず全員イケメンでリア充臭がするのが気にいらんな。もう名前は「ジュピター」でいいんじゃないかな。んで今回の戦いはサイバディ・ラドメスがスターソードを槍にしたくらいで、いつもの如くあっさり決着。もう綺羅星の人達は「第2フェーズではタウバーンに勝てる気がしねぇ」と士気が低いぞ。なんてやる気のない敵組織だ・・・・
次回は野球回。江夏とか田淵とか遠藤とか山倉とか、昔のプロ野球選手ネタやったりするんですね! 登場のサイバディもなんかバリエみたいで形状に差がないから、あの3人組は裏部隊というか、コンパチ雑魚扱いなんじゃなかろうか。そしてタウバーンの腰に付いてるスタビライザーみたいなの、あれビットだったのか・・・



▼仮面ライダーオーズ/000 第12話
サッゴーゾッ♪ サッゴーゾッ♪
オーズにロケットランチャー撃ち込んでも「オレ悪くねーもん、オレがオーズだったらもっと上手くやれたZE!」と謝りすらしない後藤さんマジDQN。そしてヤミーに寄生された筑波さんは英司にネタ使わせろと迫り、旅ブロガーなのに実は旅すらした事なかったというネチズンだった。そんな二人を平気で許す英司さんは器のデカい人やで・・・・・英司が戦ってる姿を見て二人も改心。やはりリアルで頑張っている人のいう事は説得力があるという事か。
戦闘ではガメル、ウヴァ、アゲハヤミーの3体を同時に相手にしてボコられたオーズは、隙を突いたカウンターでガメルから3枚メダルを奪ってサゴーゾコンボに変身。サゴーゾの歌は名前2回言っただけなんですが、重力を操る能力でウヴァ、ガメルをあっさり撃退、サイホーンとゴリラパンチの同時攻撃でアゲハヤミー撃破。ガメルさんは身体のパーツが全部キャストオフして全身タイツ姿になってしまった。ついでにウヴァからカマキリメダルも取り返しましたと・・・・・なんか戦闘はオーズ一人で全部解決して流れがグダグダだったなぁ。こういう時こそ後藤さんのロケットランチャーを活用すべきだったのでは。
後藤さんとはもっと引きずるかと思ってたけど、これで和解? まだ分からないけれど。そして次回はカザリと手を組んだ真木がバースドライバーを開発と。これで劇場版での2号ライダー登場に繋がるのかな。