9月16日 日曜感想


機動戦士ガンダムAGE 第48話
ゼハートの前に死んだ人が続々登場して同窓会状態。ガンダムとディーバを味方ごと要塞キャノンで葬ろうとするが、ここに至って部下を巻き添えにするやり方なんてするから事前に察知され失敗。女性キャラが総じて空気だった本作では結果的にフラムが一番活躍したなぁ、報われなかったけど。オブライトさんも引継ぎキャラとしてもっと活かして欲しかったけど、最期にネームドキャラ2名仕留めてディーバ轟沈と共にできたのは報われてた方か。色々しくじって追い詰められたゼハートも最期はアセムに敗れる。敵側ヒーロー的なポジションだったのが、まさかこんな道を誤った破滅型な終わり方になろうとは。そういやレギルスコアって何だったんだろうね。
死にゆく人々の描写が鬼気迫っていたし、回想シーンも効果的だったし、アセムとゼハートの決着も描かれたし、前回より盛り上がった。にしても結末はもっと“ぬるい”内容を予想してたんだけど、アスノ家以外のネームドパイロット全員死亡とか、えらい壮絶になったなぁ・・・・ヴェイガンの偉い人全員死亡で対等な和平関係って作れるんでしょうか。あとゼフルドランチャー付属でフラットとコンパチできるグランサのHG化を。


特命戦隊ゴーバスターズ 第30話
亜空間に残された人達はデータ化されてメサイアの一部になっていた! エンターとエスケイプはそれらを寄せ集めて作られた存在とか、こういう種明かし展開にゾクゾクする。両親が既に手遅れ状態だった事実を知っても葛藤はするが、撃破するのにウダウダと躊躇ったりはしないヒロムは13年間で既に覚悟完了していた訳ですよ。この辺は視聴者的にもヒロムというキャラへの今までの蓄積があるから納得できるんだと思う。最後のエンター用メガゾードとエースの対決も、ロボに乗った者同士の一対一ってシチュは戦隊ではあまりないので新鮮だったし、良い最終回だった。次回は2話連続でギャバンコラボ回。新展開との合間に丁度良い幕間劇になりそうやね。


▼仮面ライダーウィザード 第3話
全国生放送でシュビドゥバ変身。1話から思ってたけど魔法使いである事隠す気ぜんぜんないよね。情報操作されて報道はされなかったけど、視聴者はテレ朝系(劇中ではテレビ夕日)で放送されてたら「なんだ新しいライダーか」で納得されるんだろう。にしてもお膳立てを整えてからトラウマ付いて絶望させるファントムのやり方は手が込んでるというか、結構まどろっこしいというか、怪人誕生させるのも大変ですね。戦闘でのドラゴンが足に変形しての巨大ライダーキックは今までなかったので良かった。問題は2クールも過ぎると巨大戦どれだけやるかなんだけど。