4月14日


▼革命機ヴァルヴレイヴ 第1話
右を向いても左を向いても主役級ばかりのキャスト陣と、主題歌はアニソン歌手としては考えうる最強のネームバリューという、力の入り具合は今期アニメ1。ターゲットとしてはガンダムSEED、00、コードギアスの客層を狙ってるんだろうなーと思ってたけど、内容もイケメン軍団が襲撃してきて、主人公が人間辞めちゃうという実にそれっぽい内容。第1話から一般人がロボに乗り敵をカッコ良く倒す、という必要条件を充たしており、ロボアニメとしてのつかみとしては十分。戦闘シーンもかなりのクオリティでCGも十分見応えあり。
ストーリーはイケメン軍団のスタイリッシュ殺戮、主人公の「半分こ」発言に切れるライバル、好きな女の子が殺された(ように見える)から意趣返しにロボに乗る主人公とか、悲壮感を出さなきゃいけない部分が全体的になんというか、軽い。ロボアニメの必要条件を充たすためにその辺の描写を端折ったのは致し方なしと見るべきか、それともこの軽い感じがデフォルトなのかは2話以降観ないと判断できないっすね。


■公式サイト メカ設定
■ヴァルヴレイヴ、商品の全貌を公開!さらにネクストアイテムも! バンダイホビーサイト
■「革命機ヴァルヴレイヴ」 プロデューサーが語る作品誕生・企画の秘密 池谷浩臣(サンライズ)×丸山博雄(MBS)(1/2) | アニメ!アニメ! 
メカ的な部分では敵メカの上半身シールドゴリラが絶妙にダサくていかにもザコって感じで良いです。味方軍は戦闘機だったし、この世界じゃ人型メカは珍しいって事なのかね。主役機のヴァルヴレイヴはカラーリングが放送前の設定では白かったのが黒になってたけど、なにか意味が? 5種類存在するけど、パイロットは主人公が学生を噛み付いて眷属増やして乗ったりしそうやね。バンダイのキットもさっそく次弾も出るので5種類全部出して欲しいもんです。放送は1クールで一旦終了、10月から再開という分割2クール方式なので休んでる間も含めると放送展開中に発売できそうだし。




▼獣電戦隊キョウリュウジャー 第9話
敵幹部のドゴルドさんは、「怒ゴールド」ということでキョウリュウゴールドが中に入ってました。これぞ正しく中の人。プテライデンオー悪Ver.はマント羽織ってかっけーと思ったら次回でもう仲間になるん・・・狼鬼みたくもっと引っ張って欲しかったなぁ。


▼仮面ライダーウィザード 第31話
インフィニティスタイル登場。って、えー、ドラゴンとベルト破壊されて魔力無くなっても、本人のメンタル次第で元に戻ってパワーアップできるん・・・・・そして魔法使いの最終形態の必殺技が巨大斧で真っ向唐竹割りとは 東映公式の方でなぜこうなったのか説明は追々あるような事書いてあるけど、最終形態登場回が涙流して奇跡起こりましたでは盛り上がらない。なんかせめてミコトの能力がパワーアップの触媒になった、くらいは欲しかったんですけど。


▼ドキドキプリキュア! 第11話
ケータイとドッキングした烏丸所長が微妙過ぎる。新アイテム登場回の強敵があんなデザインでいいのか(笑) なんかえらく久々にマナが生徒会長してる姿を見た気がするんだが、最後に試合に間に合ってリリーフ当番で大活躍、ではなく、最後まで後輩に任せたのが従来作とは違う部分かね。予告は新メンバーらしきキャラ登場。新アイテムのCMでも「キュアラビーズ5コ付き!」って思いっきり書いてあるし! 


■「リーガル・ハイ」、10月から新シリーズ!+(1/2ページ) - MSN産経ニュース
昨日のSPも面白かった。いじめ問題の炎上メカニズムを皮肉たっぷりに描いたり、いじめは誰が首謀者でもなく「その場の空気」が原因とか、相変わらず古美門先生は人格は破綻してるけど言う事は説得力があるし、それでも人間賛歌的な締め方をしたと思ったら最後で「全部仕込みでした」と台無しにするオチも見事。そして堺雅人の早口長台詞と顔芸はもはや芸術。TVシリーズもむちゃくちゃ面白いので、第2シーズン始まる前に是非とも観て欲しい作品であります。