1/144 ヴァルヴレイヴI 火人 レビュー



『革命機ヴァルヴレイヴ』主人公機体。
第3話の段階では背景がまったく語られておらず、現在ほとんど謎の存在。乗った人間に何か注入してニンゲンヤメさせたり、ハラキリしたり、スーパーモード的な黄金色になったり、リアルロボっぽい外見なわりに「革命機」の名にふさわしいトンデモ能力を秘めている模様。キットのインスト解説も必要最小限しか描かれていないので、この機体の存在そのものがネタバレみたいです。
最近ではダンボール戦記などはありますが、非ガンダムで放送直後からキット発売。しかも主役機のみでなく次弾もあり、というのは珍しいといえるのでホビー事業部の気合の程が窺えます。
↓以下画像コメント。









▼正面。和風な名前と武器からして、基本的なモチーフは鎧武者だと思われ。
装甲を縁取る白いラインは全てシール。他にも細かい部分の色分けの大半がシールになります。







▼背面。頭部と腰から延びるクリア素材が高精度センサー「センシズ・ナーブ」
そのまんま感覚神経って意味だろうけど、羽根というよりは昆虫の触覚。赤い台形部分は全てシール。







▼背部のパーツを外すと動力機関である「レイヴ」のモールドが。ハラキリは再現できません。








▼センシズ・ナーブが眼と触覚になっている頭部。後頭部の赤い部分はシール貼りますが、ほぼ色分け再現できています。







▼口のあたりも虫っぽい。この部分のモールドだけスミ入れしてます。








▼腰の鞘に収まっている長短2本の刀「ジー・エッジ」
刃が無色透明という設定なためクリアの1パーツ構成。柄は塗装する必要あり。









▼可動範囲は全体的によく動き、ヒジ、ヒザは2重間接。頭を上方まで傾けられるので前傾姿勢のポージングも問題なくできます。肩アーマーの可動部も多いので腕に干渉する事もないです。








▼腋の下にマウントされている小型鎌「フォルド・シックル
展開状態が別途付属。これも刃が無色透明なためクリアの1パーツ構成。







▼先端にクローが付いている防御用兵装「ストライク・ブレイズ」 







▼ヴァルヴレイヴの全兵装を合体させた特能装備「ブルドガ」









▼あっちこっちに刃物が付いてる特大10徳ナイフみたいで実に凶悪そう。こういうBB戦士みたいな合体武器は好物です。







▼本来ならさらに、ハンドガン「ボルク・アーム」 十字ブーメラン「メテオール・プレート」 巨大鎌「ブレーデッド・バイケン」の3つの武器に分解できるようですが、残念ながら一体成型になっており再現できません。









▼まぁこのままでも十分武器っぽいので、こういうもんだと思えば持っててもいいけど。







▼腕のクリア部分から放出される「硬質残像」エフェクトパーツが付属。無色だけど設定色はクリアピンク。







▼カカトのクリア部分からも放出。硬質残像は推進にも使る模様。







▼でも片脚分しか付属しないので、キックにしか使い道ないような。







▼基本的なガンプラ1/144サイズと比較。ヴァルヴレイヴの設定全長は22.6mなので、約18mのMSと比べると二回りほど大きいです。使っているポリパーツは同じ「PC-001」



これが初キット化とは思えぬ形状の良さと可動範囲。いきなり決定版が出ました。まぁ配色を自分と塗るとなるとかなり手間ですけど。ここ近年のガンダムMSがどれだけ「1/144サイズのプラモで再現できる色分けありき」でデザインされているのかがよく解りますな。
武器の分解が一部再現できないのは、やろうと思えばできるんだろうけど価格帯2400円に収めるなら致し方なしといったところでしょうか。これは作品がヒットしてプラモも売れて、色分けとギミック完全再現のMG化まで行って欲しいところです。
キット展開としてはとりあえず、キット化決定の3号機の他、現在発表されている残り3体の全キット化は果たせるかどうか。違いはカラー、頭部、装備で本体の形状はほぼ同じようなので、金型的にはそれほど難しくはないと思うんだけれど。


1/144 ヴァルヴレイヴI 火人 (革命機ヴァルヴレイヴ)

1/144 ヴァルヴレイヴI 火人 (革命機ヴァルヴレイヴ)