7月14日


▼銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第14話
ケレス大戦以来のジアートさんとの対決でイズルが覚醒してレッド5が変化。あちこちパカパカ開いて強化するのも王道です。このモードは他の機体にもあるのかレッド5のみなのか、ネガティブなサブタイからして只のパワーアップ形態というわけではなさそう。そして圧倒されたジアートさんの機体まで変化。主人公がパワーアップしたからってそう簡単に引けは取らないライバルってのは良いねえ。戦闘も見応え十分でCGロボアニメでにこんなスピーディな格闘戦を長回しでやった作品って今まで無かったと思う。惜しむらくはレッド5が覚醒した時にシャイニングフィンガーかトランザム並みのテンション上がるBGMを使って欲しかったなぁ。


▼獣電戦隊キョウリュウジャー 第21話
太陽をバックにジャンプ、ボールを投げ合う必殺技、専用ロゴ、ゼツメイツのなんという戦隊力。人型じゃないので解りにくいけど、それっぽいポーズしてるし。でも相手が名乗ってる最中に攻撃するなよ(笑) そして「恐ろしい威力」と言われる滅ボールに直接ぶつけられるノッサンの扱いが惨さよ・・・・。千葉さんキョウリュウバイオレットは本人ダンスで変身、かっこいい登場! かっこいい名乗り! かっこいいポーズ! だがギックリ腰で役に立たず!! 巨大戦はプレズオーの注水からの発進シーンに変形するまでの脅威のミニチュアワークに燃えた。宇宙戦と必殺技のポンプアクションも良かった。次回予告で腰に言及してたので、この番組のナレーション自体がウルシェードがやってるって事なのね。
パロディあり、ギャグあり、声優出演あり、新メカ登場ありと、てんこ盛りの30分。ぜんぜん役に立たなかったバイオレットとか、強敵が3体もいるのにひたすら緊張感のないドッジボールで爆発というコントのような戦いとか、ひたらすらギャグやってるのにちゃんとイベント回としてやる事やってのが凄い。キョウリュウジャーはなんでもありでも話として成立できてるなあ。


▼仮面ライダーウィザード 第43話
ソラが案内してた所がワイズマンの隠れ家と同じ場所だったからミスリードじゃない限りは白い魔法使い=ワイズマンなんだろうなあ。久々のアンダーワールド戦で久々のオールドラゴン登場してたのはいいが、敵があやとりしてたのは何か意味あるのかと思ったら特になかった。そしてコヨミが笛木の娘と判明、主人公の身内がラスボスの親族となると、龍騎みたいな展開になるんかなぁ、娘を助けるために全部仕組んだ事だったと。


▼ドキドキプリキュア! 第24話
グルメ漫画ばりのリアクションを見せるエースの変身前・円亜久利さんは小学4年生。同じ小学生プリキュアのミューズは正体判明するまで喋らなかったけど、たかだか10歳でプリキュアの何たるかを4人に説教できるこの幼女は何者なんや・・・。5つの誓い次回はありす回・・・なハズなんだが相当カオスな事になってるんですけど。史上初の老紳士プリキュア誕生とは。

広告を非表示にする