8月11日


パシフィック・リム 感想
ハリウッドが超金かけて有人巨大ロボvs怪獣バトルやるぞー、って前評判だったけど、本当にそのまんまな内容だった。70m級のロボが実在しているかのような情景や、モビルトレース式のコクピットとか神経接続とか、アニメでお馴染みの設定を実写でやるという説得力がやばい。頭部コクピットにスタンバイしてから胴体と合体するあたりなんてニヤニヤします。序盤の戦闘が終わってからしばらく戦闘シーンがないのでやや退屈だけど、中盤の香港での戦闘はKAIJU2体とジプシー・デンジャーの戦闘は都市部でビルぶっ壊しまくり、船やコンテナを手づかみしてブッ叩く大迫力なんでこれだけでも見る価値あり。他のロボの動力源は電気だが、ジプシーの動力は原子炉って設定にまたニヤニヤする。ストーリーはネタバレ要素もほとんどない王道的なフォーマットの組み合わせだけど、変に捻らない方がイェーガーvsKAIJUに専念できるからこれで良いと思います。
あえて難を上げるならロボの戦闘方法がほぼ近接格闘でKAIJUブン殴ってるのみだったので、もうちょい銃火器類や多彩な武装を使って欲しかったのと、せっかく各国が独自にロボ作ったという設定あるんだからもっと他国のイェーガーの活躍が見たかった所。日本製のコヨーテ・タンゴなんて一瞬しか出てこなかったからなぁ。
自分は吹き替えで見ましたが主人公:杉田智和、ヒロイン:林原めぐみ以外の配役が

司令官:玄田哲章
ベテランパイロット:池田秀一
若手パイロット:浪川大輔
オペレーター:千葉繁
博士1:古谷徹
博士2:三ツ矢雄二 

もう声だけでどんなキャラでどんなポジションなのか一発で判るので、ロボット物として見るなら吹き替え版をお薦めします。ヒジからロケット噴射してブン殴る武器は設定だと「エルボーロケット」だけど、吹き替えだと思いっきり「ロケットパンチ」って言ってるし。
トランスフォーマーで変形ロボバトルの実在化をで再現したけど、今度は有人ロボvs怪獣の実在化が見れるので、ロボ好きとして見ておくべき作品だと思います。この出来だったら続編も希望なので興行的に成功して欲しいところ。つかもう、このレベルだったら実写版マクロスとか余裕でできるよね。どっか作ってくんないかなー。


■日本語吹き替え版に異変!? プロの人気声優、続々起用の背景 - BIGLOBEニュース
■SF大作「パシフィック・リム」監督は超オタク お台場ガンダムに感激、かしわ手を打って拝む (1/2) : J-CASTニュース




▼銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第18話
長距離狙撃の第1射は失敗。第2射までの時間を稼ぐため、レッドファイブとブルーワンがクレイン機を全力で足止め。その間パープルツーを中継機としてピット艦のエネルギーも使いゴールドフォーのエネルギーを回復。最後はケイの機転でローズスリーをパージ、バラバラになったパーツを下敷きにして狙撃成功、クレイン撃破。5人全員一丸となって戦い、全機ボロボロになってようやく敵幹部1人を倒すという、5人のうち誰一人として空気になっておらず勝利に貢献しているのが素晴らしい。良い戦闘でした。一方その頃ウルガルではジアートの会話を盗み聞きしてたラダさん処刑。こんな時に身内で戦力削ってるあたり、ウルガルは種として煮詰まっているって事なんだろう。


▼仮面ライダーウィザード 第47話
白い魔法使い=ワイズマンだった。なんだってー! いや、だいぶ前から予想はついてたけ。どね。ゲートからファントム作ってさらにゲートを襲わせてファントムにならなかった人間から魔法使いを選別するという全部が笛木1人のマッチポンプだったと。ぜんぶコヨミのためっつーか、このパターンだとコヨミ自身が賢者の石なんだろうなぁ。メデューサさんも退場して次回からようやく畳みにかなるようだけど、譲少年がメイジに変身してし轟鬼さんもまたライダーになるん?


■仮面ライダー鎧武:25日の特番でテレビ初登場 - MANTANWEB(まんたんウェブ)
■映画「プリキュア」シリーズ初  全国24局で地上波放送「プリキュアオールスターズNewStage」
25日のニチアサはレギュラー放送休みで劇場版二本放送。鎧武の紹介映像が気になるんだけど。


■「熱風海陸ブシロード」 ブシロード仕掛ける新作アニメのティザーサイトオープン  | アニメ!アニメ! 
脚本にあの小太刀右京氏がいるのと、メインスタッフの大半がニトロプラスという点で注目。ジャンルがよく解んないんだけどロボ出るのかしら。